銀行系キャッシングで信頼安心審査即日融資

銀行系キャッシングの社会的信頼感や安心感はキャッシング市場の中でも絶大です。特にメガバンクを筆頭としたキャッシングサービスは群を抜いて利用しやすく、審査の柔軟性や即日融資の対応も非常に優れています。

グレーゾーン金利廃止の影響をほとんど受けない安定性

レイク
急な出費に! Webクイック振込みサービス


レイクは、一週間無利息ノーローンでお馴染みの新生フィナンシャルグループの一員となり、豊富な資本力でのキャッシングサービスが魅力です。しかも、過払い金請求とは無縁な健全な銀行系キャッシングとして、ユーザーからの多大な信頼を寄せています。
レイクはサービス開始以来、30日間無利息サービスを継続しています。また、グレーゾーン金利を守った9.0%~18.0%の低金利で融資を続けてきており、ビジネスマンだけでなく、アルバイト・女性の方まで幅広くサービスを展開しており、すべてにおいて非常にバランスが取れたお勧めの銀行系キャッシングです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
貸金業関連法の改正や利息過払い金返還請求などへの対応で、消費者金融各社では、与信審査を厳格化しているのが現状です。

上限金利の引き下げや融資総量規制など、貸金業法改正への前倒し対応で、金融各社は金利年18%の与信モデルを投入しており、この影響で、銀行系キャッシングサービスでも月次の成約率が、4割前後になった時期もありましたが、09年は各月3割前後で推移しています。

一方、武富士やアイフルなどの独立系消費者金融では、09年に入り2割を超える月がほとんどなく、貸金業法の規制対応に加え、過払い金返還の負担に対処するため、融資より回収に注力しており、厳しい経営が続いています。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
ここ最近、大手銀行を筆頭とした金融再編や、企業買収(M&A)が後を絶ちません。
このような行動をとる背景として、企業名を残すための生き残り戦略でもあります。

米国発の金融不安を皮切りに、一層そのような動きが増しています。

消費者の心理として、信頼のある企業名・店舗名で商品を選んだり、実際にサービスを利用する傾向にあります。

であるならば、各業界の上位2位か、あるいは3位までの生き残りをかけて、企業を存続させていこうという動きが、金融業界含め、今活発になっているのがノンバンク事業関連の企業買収と買収融資チームの強化です。

日本の大手銀行であるメガバンクでは、買収融資を法人向け業務の新たな収益源として位置づけており、買収融資チームの人員を拡大する金融機関が目立っています。

また、リテール(個人向け)業務の強化として、ノンバンク事業(消費者金融)も今後の新たな収益財源の柱として見ており、今後ますます企業買収の動きが活発になると予想されます。

1990年代半ばから、日本での買収融資に積極的に乗り出しているみずほコーポレート銀行(CB)では国内に40人、海外に100人いる人員をさらに増加させる方針です。

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行も中途採用を含め、幅広く買収融資チームの人材確保の増員を計画している模様です。

逆に、外資系の証券会社は、金融不安の影響が強く、買収融資の動きは縮小傾向なのが現状です。

このような各金融会社の動きを見ると、さらにM&Aの拡大が広がると予想され、より一層、金融業界は大手に再編・淘汰されそうです。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

消費者金融大手4社(武富士・アコム・プロミス・アイフル)の個人向け無担保ローン(単体)は、銀行系(プロミス・アコム)と独立系(武富士・アイフル)との間で、新規顧客数の水準に差がつきつつあります。

2009年5月の1ヵ月では、4社中で最多だったアコムの新規顧客数は、最小のアイフルの約4倍にあたり、一方の独立系である武富士とアイフルの2社の低調が顕著で、銀行系2社との水準差が広がる傾向が見られます。

新規顧客数獲得減少の要因として、貸金業関連各法の改正や過払い金返還請求などへの対応での、消費者金融各社の与信審査が厳格化していることが挙げられます。

上限金利の引き下げや融資総量規制など、業法改正への前倒し対応で、消費者金融各社は、大手4社を筆頭に、金利年18%の与信モデルを投入していきました。

この影響で、銀行系キャッシングサービスでも、月次の成約率が3割前後になった時期もありましたが、09年は各月4割前後で推移しています。

一方の独立系は、09年に入り2割を超える月がほとんどなく、規制対応に加え、「過払い金返還の負担に対処するため、融資より回収に注力している傾向が強いと言えます。
独立系の経営が特に困難な状況を示すものとして、18日にアイフルが私的整理に着手することが発表されました。

さらに、消費者金融業界では業界再編や淘汰が進むことが予想されます。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

貸金業関連法の改正や過払い利息返還請求などへの対応で、消費者金融各社では、与信審査を厳格化しているのが現状です。

上限金利の引き下げや融資総量規制など、業法改正への前倒し対応で、金融各社は金利年18%の与信モデルを投入しており、この影響で、銀行系キャッシングサービスでも月次の成約率が、4割前後になった時期もありましたが、09年は各月3割前後で推移しています。

一方、武富士やアイフルなどの独立系消費者金融では、09年に入り2割を超える月がほとんどなく、貸金業法の規制対応に加え、過払い金返還の負担に対処するため、融資より回収に注力しており、厳しい経営が続いています。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

ここ最近、大手銀行を筆頭とした金融再編や、企業買収(M&A)が後を絶ちません。
このような行動をとる背景として、企業名を残すための生き残り戦略でもあります。

米国発の金融不安を皮切りに、一層そのような動きが増しています。

消費者の心理として、信頼のある企業名・店舗名で商品を選んだり、実際にサービスを利用する傾向にあります。

であるならば、各業界の上位2位か、あるいは3位までの生き残りをかけて、企業を存続させていこうという動きが、金融業界含め、今活発になっているのがノンバンク事業関連の企業買収と買収融資チームの強化です。

日本の大手銀行であるメガバンクでは、買収融資を法人向け業務の新たな収益源として位置づけており、買収融資チームの人員を拡大する金融機関が目立っています。

また、リテール(個人向け)業務の強化として、ノンバンク事業(消費者金融)も今後の新たな収益財源の柱として見ており、今後ますます企業買収の動きが活発になると予想されます。

1990年代半ばから、日本での買収融資に積極的に乗り出しているみずほコーポレート銀行(CB)では国内に40人、海外に100人いる人員をさらに増加させる方針です。

三井住友銀行や三菱東京UFJ銀行も中途採用を含め、幅広く買収融資チームの人材確保の増員を計画している模様です。

逆に、外資系の証券会社は、金融不安の影響が強く、買収融資の動きは縮小傾向なのが現状です。

このような各金融会社の動きを見ると、さらにM&Aの拡大が広がると予想され、より一層、金融業界は大手に再編・淘汰されそうです。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

ブログ内検索
お気に入りに追加
最強銀行系消費者金融
超低金利銀行系カード
お勧め銀行系
厳選キャッシング
厳選カードローン
厳選ローン各種
リンク
ランキング参加中
最新情報ご提供
RSSフィード
免責事項
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。