銀行系キャッシングで信頼安心審査即日融資

銀行系キャッシングの社会的信頼感や安心感はキャッシング市場の中でも絶大です。特にメガバンクを筆頭としたキャッシングサービスは群を抜いて利用しやすく、審査の柔軟性や即日融資の対応も非常に優れています。

グレーゾーン金利廃止の影響をほとんど受けない安定性

レイク
急な出費に! Webクイック振込みサービス


レイクは、一週間無利息ノーローンでお馴染みの新生フィナンシャルグループの一員となり、豊富な資本力でのキャッシングサービスが魅力です。しかも、過払い金請求とは無縁な健全な銀行系キャッシングとして、ユーザーからの多大な信頼を寄せています。
レイクはサービス開始以来、30日間無利息サービスを継続しています。また、グレーゾーン金利を守った9.0%~18.0%の低金利で融資を続けてきており、ビジネスマンだけでなく、アルバイト・女性の方まで幅広くサービスを展開しており、すべてにおいて非常にバランスが取れたお勧めの銀行系キャッシングです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--
スポンサー広告
Trackback [x] |Comment [x]
ここ数年の金融市場は、最近の米国における金融不安を皮切りに、一気に衰弱しています。
この影響は、当然ノンバンクである消費者金融にも多大な影響を及ぼしています。

大手消費者金融4社(アコム、プロミス、武富士、アイフル)の2008年度の通期決算を見ても、プロミ大幅減益・赤字となりました。

また、2009年度4月~6月の連結決算も同様、前年比減益となりました。

2007年に、東証一部上場企業であり、老舗の消費者金融であったクレディアやアエルが経営破綻したことは、記憶に新しい出来事だと思います。
さらには、外資系キャッシングで人気のレイクが経営悪化を背景に、新生フィナンシャルグループに売却されるなど、キャッシング業界を取り巻く再編の動きは増加する一方です。

東京地裁に提出した調査結果によりますと、債権者数は1万1000人に上り、そのうちの個人向けローンは8800人だそうです。

一昨年度から、クレディアを筆頭に大手も含めて消費者金融業界の3分の2が利息返還請求による過払い金問題で業績が大幅に悪化したり、撤退、経営破たんしたと言われています。

そのような過酷な状況の中で、われわれ消費者も闇雲にキャッシングを利用するのではなく、まずは資金力も安定し、利息過払い金問題にほとんど影響のない大手銀行系キャッシング・ローンのサービス(例えば、三井住友銀行グループのプロミスや東京三菱UFJグループのアコムなど)からお申込みされることをお勧めします。

人気ブログランキングへ
いつもありがとうございます

スポンサーサイト
トラックバック
この記事のトラックバックURL
::この記事へのトラックバック::
ブログ内検索
お気に入りに追加
最強銀行系消費者金融
超低金利銀行系カード
お勧め銀行系
厳選キャッシング
厳選カードローン
厳選ローン各種
リンク
ランキング参加中
最新情報ご提供
RSSフィード
免責事項
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。